本文へスキップ

公務員の仕事と公務員になるための通信講座

採用試験における見直し点/公務員 養成講座

公務員 講座

新たな採用試験における見直しの視点と措置のポイント【5本の柱】

新たな採用試験における見直しの視点と措置のポイント【5本の柱】

1 能力・実績に基づく人事管理への転換の契機

キャリア・システムと慣行的に連関している採用試験体系を抜本的に見直すことにより、能力・実績に基づく人事管理への転換の契機とする 〔採用後の能力の発揮・実績に応じた適正な昇進選抜を実現〕


2 新たな人材供給源に対応した試験体系

@ 総合職試験に専門職大学院を含む大学院修了者を対象とした院卒者試験を設ける
A 院卒者試験に新司法試験合格者を対象とした「法務区分」を設ける


3 多様な人材の確保に資する試験体系

@ 総合職試験に企画立案に係る基礎的な能力の検証を重視した「教養区分」を設ける
A 一般職試験に「社会人試験(係員級)」を設ける
B 専門職試験に、国税専門官採用試験など現行の各種試験に加え、新たに専門的な職種を対象とした採 用試験を設ける
C 民間企業等経験を有する者を係長以上の職に採用するため「経験者採用試験」を設ける


4 能力実証方法の改善

@ 知識よりも論理的思考力・応用能力の検証に重点を置いた「基礎能力試験」を設ける
A 人物試験をより的確に行うため「性格検査」を実施
B 総合職試験の院卒者試験及び大卒程度試験「教養区分」に、政策の企画立案能力及びプレゼンテーション能力を検証する「政策課題討議試験」を導入


5 中立・公正な試験の確保


公務員の合格を目指すならヒューマンアカデミーの通信講座
詳しい資料の
無料請求はこちらから  
ヒューマンアカデミー

公務員(地方上級・国家一般職)総合コースB
大人気の公務員。独自の「超効率学習法」で無理なくムダなく最短合格へ